シミは40代半ば以降になってくると急に出やすくなる

シミは加齢よりも、紫外線の影響の方が圧倒的に大きい

40代も半ばを過ぎてくると、肌の老化がかなり気になってきます。
しかし、実は肌の老化の原因の多くは紫外線の影響によるものです。

そのため、同じ年齢でも肌の老化には非常に個人差があります。
その差が開き始めてくるのが、40代半ば以降の老化が気になってくる頃です。

年齢を重ねるとシミが出やすくなる

若いころからきちんと紫外線対策を行ってくれば、浸透しているシミも少なく、さらに年齢を重ねて行っても、引き続き紫外線対策を行っていけば、それほどシミの影響は受けにくいでしょう。

しかし、若いころにかなり紫外線を浴びていると、それが40代後半頃になってくると、徐々に目立ち始めてきます。

ですが、早めにシミ対策を行うことで、シミを減らしたり、または増やさないで済むようになります。
シミに効果的な方法としてはビタミンCの摂取がお勧めです。

ビタミンCは美白や美肌効果もあり、紫外線による肌の老化を防いでくれます。
食生活を改善したり、スキンケア用品やサプリメントなどで対処していくと良いでしょう。

しかし、あまりにも酷くなってしまったシミを改善していくのはかなり大変なことです。
皮膚科などの専門家に相談することも時には必要です。

保湿対策もしっかりと行う

肌の潤いが少なく、乾燥した状態でいるとバリア機能が十分に働かなくなり、外部からのさまざまな刺激を受けやすくなってしまいます。
紫外線も同様で肌が健康な状態の時よりも、肌ダメージを受けやすくなります。

春は特に紫外線だけではなく、花粉などの影響により、肌ダメージを受けやすい季節です。
まずは肌の保湿対策をきちんと行っていくことが大切です。

まとめ

徐々に日差しが強くなってくると、紫外線対策がかなり重要になってきます。
しかし、紫外線は体に必要なビタミンDを得ることができます。

ビタミンDが欠乏すると、骨粗鬆症などの骨の病気のリスクが高まってしまいます。
適度な日光浴を行いながら、同時にシミ対策を行っていくと良いでしょう。

オールインワンジェル おすすめランキング

時短ケアで夏こそ保湿! おすすめ“オールインワンコスメ”6選